せどりの基本は安く仕入れること

NO IMAGE

せどりは大原則して安く仕入れて高く売るというシンプルなビジネスとなります。正確にいってしまうと物品を売る商売というのは基本的にはこうした側面があります。

しかし、せどりは特にその傾向が強く、また特に特定の商品、ジャンルに限定する必要性もない、ということになりますから、幅広く転売行為ができるようになります。
しかし、安く仕入れて高く売るということはシンプルですがあまりにもシンプルすぎていまいちわかりにくいということもあるでしょう。

もう少し掘り下げていいますとどこぞから仕入れをしてヤフオクで売る、メルカリで売るということです。
このどこぞで、というどこぞ、というのがまさに仕入れ先であり、せどりにおけるポイントです。

それは古本屋であることもありますし、リサイクルショップであるということもありますし家電量販店というのも良いでしょう。
基本的には中古品を手に入れて転売するということになるでしょうから、古本屋とかリサイクルショップなどを見て回るということが多いでしょう。

しかし、家電量販店などにも色々と割引をされてお得に買えるものがあったりします。
それをどんどん仕入れて転売していく、ということがせどりの基本となることでしょう。
基本的に安く仕入れることができれば仕入れるところはどこでもよいです。

一部、転売行為として扱ってはいけないものもあつたりしますから、それだけは扱わないようにしましょう。
せどりをするのは物凄く成功するかどうかはともかくとして、誰でも簡単に始めることができます。

しかし、かなり本格的にやるということになりますと色々と資格があったほうが無難ということがあります。
資格というよりは許可、ということになりますが、せどりは古物を売買するという意味合いがどうしても出てきてしまうことがあります。
ですから、せどりをはじめる際には古物商許可証はとっておくと安心できることでしょう。
古物商許可証を持っていない状態での大量の中古品を売買するというのは摘発される可能性があります。

要するに許可なくやってはいけないことという認定を受けることがあります。
古物商許可証自体は対して難しいことではありませんから、まずは本格的にせどりをするようにするのであれば、これは取得しておいたほうがよいでしょう。

そうすることによって、安心して長くせどりをしっかりと続けることができます。
ちなみに収入は税金の申告などもする必要性がありますから注意しておきましょう。